VRデビューするために準備するもの

VR

VRデビューするために準備するもの

昔では聞き慣れなかったVRという言葉も発売されると同時に爆発的な人気で入手が困難になったPlayStation VRの登場で社会的にVRの知名度が急上昇しました。

それまでのVRはコアな一部の層にしか人気がなかった為、VRコンテンツは豊富とは言えない状態でしたが最近では多くのコンテンツや様々なVR機器が進化を遂げています

しかし普及したことで選択肢が増えた結果、VRが分からない初心者の方は

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#F48FB1″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]何を準備したらいいのか分からない![/st-minihukidashi]

となってしまう人が多いのではないでしょうか?

そんな方々のためにこの記事では何を準備すればVR デビューできるのかを紹介していきます。

まずはVRで何がやりたいのかを考える

冒頭でもお話している通りVRの進化は凄まじくお手軽なものからヘビーなものまで様々なグッズがあります。

お手軽に準備できるもので全部のコンテンツを遊べれば一番いいのですが残念ながらそれは機能的に不可能です

それならヘビーなものを準備すればいいのか!と言われればその通りですがお金がかかってしまいます

ですので、あなたがどのVRコンテンツをやりたいのかを考えることで無駄にお金をかけずに最低限のコストで準備ができます。

個人的に下記のものを準備することをおすすめします。

  • VR動画を見たいだけなら…スマホ型VRゴーグル、Oculus Go
  • VR動画 + PC VRゲーム/アプリがやりたいなら…Qculus Quest
  • VR動画 + PlayStationゲーム/アプリがやりたいなら…PlayStation VR

スマホ型VRゴーグル

ただ動画だけを見たい人はまずコスパが一番良いスマホ型VRゴーグルを準備することをおすすめします。

普段使っている自前のスマホをレンズが2つ付いたゴーグルにセットするだけでお手軽にVR動画を見ることができます。

品揃え豊富なAmazonで購入するといいと思います。3000円程度で購入が可能です。

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

スマホの大きさや厚みによって取付けが出来ないものがあるので対応しているか確認しましょう。

厚みが高いカバーを取付けている方は一時的に外さないとVRゴーグルに取付けれないかもしれません。

[/st-mybox]

すでに様々なスマホ型VRゴーグルが販売されていますが他の商品と差別化するために各商品でリモコンやスピーカーなどのオプションが付属しています

リモコンがあればゴーグルを外すことなく操作ができ、スピーカーが内蔵されていると準備時間を短縮できるのでオプションも商品選びの重要な要素になります。

またスマホ型VRゴーグルはコスパが最強ですが弱点が存在します。

高画質なVR動画は最新のスマホしか対応していなかったり解像度が低いと動画が荒くなってしまうのです。

スマホ自体、VR専用に作られたわけではないので利便性が悪かったりします。

Oculus Go

続いてOculus Goを紹介します。

Oculus Goはスマホの準備が不要でVRを楽しむことができます。

(ただし初期設定はスマホを使って行います。)

スマホを準備する必要がないVR専用機器なのでゴーグル内のスマホがズレたり、操作性が悪くてイライラすることがなくなります。

ただお値段が少し高くなり32GBが2万円、64GBが2万6千円ほどになります。

ですがお金以上に注目して欲しいのがOculusアプリを使用できることです。

Oculusアプリって何ですか?と思われる方はスマホでいうApp StoreやGoogle Playをイメージして下さい。

そうアプリをダウンロードすればVRソフトやVRゲームを楽しむことができるのです!

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ただし他のOculusシリーズに比べGoはセンサの数が少ないので全てのアプリを使えるわけではありません

使用できるアプリはこちらからチェックしてみて下さい。

[/st-mybox]

動画メインだけどVRアプリも試してみたいなという方にOculus Goをおすすめします。

Oculus Quest

引き続きOculusシリーズのQuestを紹介します。

QuestもGoと同様、Questを準備するだけでVRを体験することができます。

センサをフルで実装している為、すべてのゲームを遊ぶことができます。

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
ただしフルセンサを使用する場合は必要スペックを満たしたPCを準備しOculus Linkという機能でPCと接続します。

PCの必要スペックがそれなりに必要なので敷居が高いです。
[/st-mybox]

しかしQuestだけ購入しておいてフルセンサを使ったゲームがしたくなったらPCを準備するという選択肢がとれるのは非常に助かります。

というのも、もともとフルセンサを使用したソフトはQuest Riftという器機が管轄で使用には必ずPCを準備する必要がありました。

私はRiftから購入した身ですのでスペックを満たしたPCを準備するためにわざわざPCを購入しました。

当時のPC市場からするとハイスペックPCだったのでお金もかなりかかりました。

結局VRを体験してみないと分からないことが多いので必要に応じて準備するものを段階分けできるのはとても嬉しいことです。

ただお値段が64GBが5万円、128GBが6万3千円と高くなります。

PlayStation VR

最後にPlayStation VRを紹介します。

PlayStation VRの良い所は一般ゲームも楽しみながら時にはエッチな動画を楽しめるところです。

勿論上記で説明してきた商品もエッチな動画を見ることは可能ですがPlay Stationソフトができません。

逆をいうとPlayStation VRはPCのVRゲーム/ソフトはできないわけですが。

私はそこまでPlay Stationソフトで遊びたいものがないのでOculusシリーズ一択です。

家庭用ということもあって動画は見れますがエッチなゲームは残念ながらPlayStation VRではできません。

それでもPlayStationソフトで遊びたいものがあったり家庭用として欲しい方はPlayStation VRがおすすめです。

その他のVR機種について

他にも色々なVR機器がありますが現状は4つから準備するのが妥当だと思います。

紹介していない中にはHTM社のVIVEシリーズが有名ですし性能も高いのですがお値段もお高めです。

コスパを考えると4つから選べば間違いはなさそうです。

とは言ってもVR自体発展途上の技術なのでこれからどんどん変化していくと思います。

上を目指してもきりがないので最終的に自分がどんなことをしたいかで決めること大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました